子供の悩みにはなるべく聞いてあげる

子供が少しずつ大人になっていくにつれて、子供も考える力が備わってきます。いろんな事を考えるようになると、自然と悩みも出てきます。
例えば成績が向上しない、友達と喧嘩をしてどうすればいいのか分からない、将来の目標が分からないなどさまざまな悩みが出てきます。
子供の中には、親に悩みを打ちあけて相談する子もいますから、その時にはきちんと悩みを聞いて、なるべく子供にとって良いアドバイスを伝えるようにします。
きちんと悩みを聞いて、アドバイスを言う事によって子供も親を頼りにしますし、これから親子の関係が良くなる可能性があります。逆に、仕事などが忙しいからといって子供の悩みにあまり耳を傾けないでいると、関係性が崩れてしまう可能性があり、家庭内で問題が起きてしまいます。
子供と良い関係を将来的に築きたい場合には、子供の期待に答える事が大事ですし、子供の手助けになるように努力していく事が必要ですから、その点を子育てにおいて重要視していきます。

小さな子が公園に行く時間帯

小さなお子さんのいるお母さんたちがよく公園に来る時間帯は午前中です。後から遊びの輪やお母さんたちの会話に入っていくのはなかなか難しいので、心配な人は少し早めに行くと良いでしょう。

人が少ないうちであれば子どもが自由に歩き回って慣れるのも早いし、後からポツポツと人が集まって来ればお母さん方にも声をかけやすいと思います。人数が集まればお互いの子どもたちを見守ることもでき、子どもが安全に遊ぶことができます。

公園デビューをする前に、児童館などで同年代や1,2歳年齢差のあるお子さんとの付き合いもあると良いでしょう。知っているお友達がいれば、自然に遊びの中に入ることができると思います。また、上の子がやることを見て学ぶ絶好のチャンスにもなります。

お昼から15時くらいの間は幼稚園児が多くなり、動きも活発になります。ちょっと落ち着かないと思ったら、さらに時間帯をずらして夕方に行ってみると落ち着いて過ごすことができます。