計画作りに関して住宅会社に相談をする

住宅購入を考える方々としては、スケジュール立てで悩んでしまっている事があります。
そもそも住宅を購入する場合、分割支払いによる手段を選ぶケースが殆どです。一括購入ではありません。
やはり住宅は価格も高めになってきますから、銀行などに相談をした上で、自分に最適な物件を選ぶ事もあるでしょう。
そして借りる商品を検討する事もあります。

それでどこかから借りる場合には、やはりスケジュールは大切なポイントになる訳です。
少なくとも入念に計画を組み立てておかないと、後々になって様々な問題が生じる確率は高まります。
それは分かっていても、なかなかスケジュール組みに関して苦戦してしまうケースも多いです。
具体的にどうやって予定を立てれば良いか、よく分からない事もあるでしょう。

もしも不安な時には、思い切って住宅会社に相談するのも一法です。大抵の会社では、相談用のカウンターを設置しています。
そこで専門家の方々が、スケジュール立案に関する提案をしてくれますから、相談は悪くない選択肢と言えるでしょう。

習い事は何でもさせてあげました

娘はとても好奇心旺盛でした。だから小さい時にはピアノを習いたい、そろばんを習いたい、そしてスイミング教室にも行きたいと言っていました。あれもこれもという考えには、最初は反対だったのです。でも夫はそうではありませんでした。
興味を持ったものは全てさせるという考えだったのです。そこで子どもは考えるのです。自分い合っていないものというのがわかってくるのです。だから何でもさせてあげないといけないのです。

経験してみないと、それが自分に合っているのかどうかわかりません。見ているだけではいけないのです。
娘は今でもピアノを習っています。小さい時からピアノだけはさぼる事はありませんでした。
習字も琴もさせました。かなりお金をかけたつもりです。

でも結局長続きしないものは一か月も持ちませんでした。でもこのピアノだけは十年以上も頑張っているのです。ここまで頑張っている娘を見ているのも、私にとってはとても嬉しい事だったのです。

注文住宅も夢じゃないかも?!

家を建てたいと思う人にとって、自分のこだわりの詰まった注文住宅を建てることは憧れかもしれません。
でも土地代、上モノ合わせると予算が足りない、ローンが厳しいなど諦める人も多いはずです。

しかし都内や近郊だと同じ予算でも狭小住宅になるところが、
少し離れた県外だと3分の一の予算で建てられる場合もあるのです。
都内に勤務の方でも通勤が可能であれば北関東エリアにすると予算内で希望通りの注文住宅が建てられる
ということで検討する方が増えてきているとのことです。

子供が小さいうちはこだわりの詰まった広い家でのびのび成長を見守り、20年30年経って家も古くなり子供も独立。
家族の形態も変わった頃に都内にまた家を買いなおす、など段階を経て住む家も買い換えることもできます。

狭いけど都内に注文住宅を建てることはもちろん素晴らしいことですが、これから教育費がかかる中、
住む場所を変えて低予算で注文住宅を建てることも賢い選択です。

今なら一戸建てが持てそうです

私はかなり貯金を貯めました。これも全部一戸建てを持つためなのです。
注文住宅でも建売住宅でもいいから、とにかく一戸建ての家が欲しかったのです。
だから私は貯金をしてきました。頭金だけですが、かなり貯まりました。

夫にも話して、そろそろ行動しようと思ったのです。市内にいくつもの建売住宅が建てられています。
完成したものも、完成間近のものもいくつもあるのです。きっとその中で、私たち夫婦が気に入る物件はあるでしょう。
それらを見に行きたいのです。
注文住宅の事も考えました。でもやはり費用の事を考えると、現実的ではないのです。
私たち夫婦には、これ以上のお金がないのです。だから建売住宅で探してみる事にしました。

五十坪以上で二階建ての家です。これが私達の中では譲れない条件だったのです。
でもいざ見てみると、今はそんな家が結構多かったです。よりどりみどりだったのです。

今なのです。今だったら、子どもが生まれるまでに一戸建てを持つ事ができそうです。

不愉快な言葉や表現と子どもについて

30代後半の兼業主婦です。幼稚園年長の息子が一人いるのですが、その口答えが最近とみに激しくなって、夫ともども閉口してしまうことがよくあります。

「何で?どうして?」という子ども特有の好奇心に基づいた口答えであれば、何とか切り抜けていくこともできます。例えば「うん、〇はどうしてだと思う?」等と質問を投げ返していくようなスタイルをとれば、子どもは自分でも考えていくからです。

ですが、困ったことに最近、私たちの見ていない所で接する、大人の悪い癖をまねるようになりました。本当に一体どこで学んできたのか…TVもほとんど見せていないのに、と思うことがよくあります。

本来の意味を理解せずに、下品な言い回しなどを得意に言いかざすような場合は、正直言って心底腹が立ちます。夫はしょっちゅう雷を落としていますが、私自身はそれだけでは不足していると思います。

どうしていけないのか、なぜ口にしてはいけないのか。言葉の意味は本当に深く、昔の人が「言霊」と言ってみだりに荒い言葉を使う事を戒めていたことを、身をもって痛感しています。

できればそういった不愉快な言葉、言い回しの真意や、それが他人に与える影響についてよく子どもに説明したいのですが、それを受け止める年頃ではまだまだありません。言っても言ってもすぐに忘れ、また使っては叱られ…の繰り返しです。

仕方がないのかとも思いつつ、ため息をつきながら「なぜいけないか」を繰り返し繰り返し、嫌になりながらも語り続けています。

一戸建てのモデルハウスの見学

最近では、一戸建ての購入を検討る人が、モデルハウスの見学を行うことが普遍的になり始めています。様々なタイプの一戸建ての住宅をモチーフとするモデルハウスが整備されてきており、実際の住宅の内部の仕組みをチェックすることが実現されています。こうしたモデルハウスを活用することで、住宅を新築する人や家庭が増える可能性が高く、積極的にモデルハウスを用意するハウスメーカーも多く見受けられていると言えるのではないでしょうか。

住宅を販売する会社によって、モデルハウスを用意する数は異なっているとみられています。しかし、近年は多くのモデルハウスが用意され、実際に住宅の新築や一戸建ての購入を考える人々からは、内覧が実現されているとみられています。一戸建てのモデルハウスについては、これからも全国的な規模で見受けられていくのではないかと推測されています。そのため、実際に内覧に訪れる人も、これまで以上に数多く見受けられるでしょう。

これからの住宅設計(ゼロエネルギーをめざして)

これから住宅を建てられる方が考えていった方が良いことの一つに「ゼロエネルギーをめざして」
というキーワードは重要です。世界的な限られた資源、環境、気候などを考慮し、省エネルギー・創エネルギー設備を利用して、建物にかかわるエネルギー消費量を少なくすることが求められます。エネルギー消費量を考慮しない住宅は光熱費も高くつきますし時代に取り残されてしまいます。

現代には様々な省エネルギー・創エネルギー設備(太陽光発電・エコキュート・エネファーム他)がありますが、初期費用というものがかかってきます。それらを考え検討していくことも大事ですが、その前に設計段階で進められる省エネルギー手法があります。そうしたことを考えて住宅を設計されてから、本格的に省エネルギー・創エネルギー設備を検討していく形が良いと思います。

具体的には壁・サッシの断熱方法、夏期の強烈な西日を遮りつつ、冬期の暖かな西日を取り入れることができる設計手法などがあります。これらを充実させて、それを補完するような意味で省エネルギー・創エネルギー設備を検討するのが家づくりの理想的な形と言えます。

日本は子どもにとって風当たりの強い国?

海外に長く在住し、子どもを育てています。日本の育児事情に疎くなっているのは仕方がないかもしれませんが、やはりたまに一時帰国する際などは、周囲の迷惑にならないよう、かなり気を使って気疲れします。

滞在先の実家から、遠方に住む友人を訪ねることになりました。初めて乗る新幹線に子どもは浮かれきっていますが、私は気が気ではありません。ベビーカーは卒業していたのですが、まだ乗車券の必要のない年頃です。私の分だけ購入し、自由席が混んできたら私の膝にのせる覚悟でした。こういった幼児の自由席利用に関しては、他の乗客からは賛否両論があり、むしろ「迷惑」ととっている人が多いという事を、日本のSNS閲覧を通して感じていたからです。

友人から「平日の混雑時を避ければ、各停だしそんなに席が埋まることはないよ」とアドバイスを受けていたのですが、やはり実際に当日、ガラガラの車内を見るまではホッとすることはできませんでした。誰にもかれにも話しかける性格の子どもなので、在来線などでは近くの若いビジネスマンに渋い顔をされもしましたし、やはり日本はお子さまにとっては風当たりの強い国だなあ、とひしひし感じた旅路でした。

子育てする時に整えておきたい環境

子育てをする時は生活を送る環境がすごく大事になってきます。そこで子育てする時にどのような環境が整っていればいいのかを見ていく事にしましょう。

子育てをする時に整えておきたい環境はまず学校など子供に必要な施設が充実しているかです。学校は地域によって多かったり少なかったりしますが、多い地域は住んでいる子育て世代も多いので生活する時に安心感が出ます。また子供を学校に通わせる時もスムーズなので重要なポイントになります。

子育てするのに公園が多くて自然が感じられる場所であるのも重要なポイントになります。公園が多いと子供が遊ぶ事が出来るので子育てもしやすくなります。また自然が感じられる場所だと治安が良い事が多いので子供の安全を考えた時も大きなメリットになります。

子育てにする時にも病院の数も確認しておく必要があります。子供でも小児科、耳鼻科、皮膚科など意外と病院に通う事が多いです。病院は大人だけではなく子供も通うのでしっかり確認しておく必要があります。子育て世代の住宅探しのポイントとしてこのような環境がとても大事になってきます。

子育てストレスには「いったんクーリング」が効果絶大!

様々な育児書や育児情報サイトには、なるべく怒らずに自分の子どもと接しましょう!と書いてあります。でも、簡単そうで本当に難しいのがこの「怒らない」育児です。実際には、子どもと接する事で小さなストレスが積み重なり、爆発寸前の爆弾を胸に抱えながら育児に苦しんでいるお母さん方も多いことでしょう。もちろん子どもには悪気はなくても、まだ知らない常識や「普通の感覚」からはみ出した行動をとることが多いので、特に小学校以前のお子さんに「何でそうなっちゃうの!」と悩まされるケースも多いと思います。

ここで大声で叫んだり、最悪手を出して体罰で叱ってしまったりすると、その場で子どもがいう事を聞いても、さほど教訓として子どもが学ぶことは少なく、後にはお母さん方の罪悪感しか残りません。これを避けるためには、子どものひどい言動やいたずらの後、数秒間ー数分間、いったんお母さんが別室において「クーリング」をする刹那を設けるのが効果的です。いたずら直後に怒りの感情にまかせて怒るより、「どうしてその行動がよくないのか」を明確シンプルに、かつ深刻な態度で説明するためには、このように一拍おいてみましょう。ただ、あまり間を置きすぎると子どもは何をしたか忘れてしまうので、タイミングの取り方には気を付けて下さい。