計画作りに関して住宅会社に相談をする

住宅購入を考える方々としては、スケジュール立てで悩んでしまっている事があります。
そもそも住宅を購入する場合、分割支払いによる手段を選ぶケースが殆どです。一括購入ではありません。
やはり住宅は価格も高めになってきますから、銀行などに相談をした上で、自分に最適な物件を選ぶ事もあるでしょう。
そして借りる商品を検討する事もあります。

それでどこかから借りる場合には、やはりスケジュールは大切なポイントになる訳です。
少なくとも入念に計画を組み立てておかないと、後々になって様々な問題が生じる確率は高まります。
それは分かっていても、なかなかスケジュール組みに関して苦戦してしまうケースも多いです。
具体的にどうやって予定を立てれば良いか、よく分からない事もあるでしょう。

もしも不安な時には、思い切って住宅会社に相談するのも一法です。大抵の会社では、相談用のカウンターを設置しています。
そこで専門家の方々が、スケジュール立案に関する提案をしてくれますから、相談は悪くない選択肢と言えるでしょう。

注文住宅も夢じゃないかも?!

家を建てたいと思う人にとって、自分のこだわりの詰まった注文住宅を建てることは憧れかもしれません。
でも土地代、上モノ合わせると予算が足りない、ローンが厳しいなど諦める人も多いはずです。

しかし都内や近郊だと同じ予算でも狭小住宅になるところが、
少し離れた県外だと3分の一の予算で建てられる場合もあるのです。
都内に勤務の方でも通勤が可能であれば北関東エリアにすると予算内で希望通りの注文住宅が建てられる
ということで検討する方が増えてきているとのことです。

子供が小さいうちはこだわりの詰まった広い家でのびのび成長を見守り、20年30年経って家も古くなり子供も独立。
家族の形態も変わった頃に都内にまた家を買いなおす、など段階を経て住む家も買い換えることもできます。

狭いけど都内に注文住宅を建てることはもちろん素晴らしいことですが、これから教育費がかかる中、
住む場所を変えて低予算で注文住宅を建てることも賢い選択です。

今なら一戸建てが持てそうです

私はかなり貯金を貯めました。これも全部一戸建てを持つためなのです。
注文住宅でも建売住宅でもいいから、とにかく一戸建ての家が欲しかったのです。
だから私は貯金をしてきました。頭金だけですが、かなり貯まりました。

夫にも話して、そろそろ行動しようと思ったのです。市内にいくつもの建売住宅が建てられています。
完成したものも、完成間近のものもいくつもあるのです。きっとその中で、私たち夫婦が気に入る物件はあるでしょう。
それらを見に行きたいのです。
注文住宅の事も考えました。でもやはり費用の事を考えると、現実的ではないのです。
私たち夫婦には、これ以上のお金がないのです。だから建売住宅で探してみる事にしました。

五十坪以上で二階建ての家です。これが私達の中では譲れない条件だったのです。
でもいざ見てみると、今はそんな家が結構多かったです。よりどりみどりだったのです。

今なのです。今だったら、子どもが生まれるまでに一戸建てを持つ事ができそうです。

一戸建てのモデルハウスの見学

最近では、一戸建ての購入を検討る人が、モデルハウスの見学を行うことが普遍的になり始めています。様々なタイプの一戸建ての住宅をモチーフとするモデルハウスが整備されてきており、実際の住宅の内部の仕組みをチェックすることが実現されています。こうしたモデルハウスを活用することで、住宅を新築する人や家庭が増える可能性が高く、積極的にモデルハウスを用意するハウスメーカーも多く見受けられていると言えるのではないでしょうか。

住宅を販売する会社によって、モデルハウスを用意する数は異なっているとみられています。しかし、近年は多くのモデルハウスが用意され、実際に住宅の新築や一戸建ての購入を考える人々からは、内覧が実現されているとみられています。一戸建てのモデルハウスについては、これからも全国的な規模で見受けられていくのではないかと推測されています。そのため、実際に内覧に訪れる人も、これまで以上に数多く見受けられるでしょう。

これからの住宅設計(ゼロエネルギーをめざして)

これから住宅を建てられる方が考えていった方が良いことの一つに「ゼロエネルギーをめざして」
というキーワードは重要です。世界的な限られた資源、環境、気候などを考慮し、省エネルギー・創エネルギー設備を利用して、建物にかかわるエネルギー消費量を少なくすることが求められます。エネルギー消費量を考慮しない住宅は光熱費も高くつきますし時代に取り残されてしまいます。

現代には様々な省エネルギー・創エネルギー設備(太陽光発電・エコキュート・エネファーム他)がありますが、初期費用というものがかかってきます。それらを考え検討していくことも大事ですが、その前に設計段階で進められる省エネルギー手法があります。そうしたことを考えて住宅を設計されてから、本格的に省エネルギー・創エネルギー設備を検討していく形が良いと思います。

具体的には壁・サッシの断熱方法、夏期の強烈な西日を遮りつつ、冬期の暖かな西日を取り入れることができる設計手法などがあります。これらを充実させて、それを補完するような意味で省エネルギー・創エネルギー設備を検討するのが家づくりの理想的な形と言えます。

注文住宅と建売住宅との価格的比較の面

私自身の住宅に関する体験的なことですが、小田急沿線の駅からバスで20分程度のところで開発分譲地を購入して、暫くして一応の注文住宅を建築いたしました。 此の開発団地というのは比較的大規模な民間による開発でしたが、分譲地区域と建売区画と二通りとに別れていたのです。 土地にしても分譲地と建売地区とはあまり変わらず最低でも50坪の以上の広さは有りました。 従って、建売と言っても街中の狭い土地に密集して建てられた感じではなく、比較的広い土地にユッタリとした感じの作りであると感じていました。

そんな中で私の建てた住宅はローコスト住宅という条件で、注文住宅として建てましたが、近所で展開していた建売住宅と価格を比較してみますと、諸条件が異なり一概には言えないでしょうが、やはり、注文住宅のほうが高く付いたように感じています。

一般にも注文住宅と建売住宅を「価格的」に比較すると、注文住宅はローコスト住宅といえども建売住宅よりは設備などの仕様は上だと思います。 注文住宅はローコスト住宅であっても、どうしても私どもの施主の注文事項が多くなり、又、アレもコレもというように所謂、オプション項目を追加することによって、結果として足し算方式で価格が加算されてしまうということです。

一方、建売の場合は、その物件が売主ペースでスピードを重視することによって、販売を促進する事が優先されるので、此のことは逆に買手のオプションや要望などは受けない事で必然的に価格は安く、予算通りに購入することが出来る事になるのでしょう。

価格交渉は素直に話せば結構聞いてくれる

間取りや内装を選ぶことができる簡単な注文住宅で家を購入しました。
土地の中で建てれる範囲で、間取りを組んで建てるのであれば住宅の金額はあまり変わらないものだと思っていました。
しかし、延べ床面積で住宅の価格は全く変わってくるし、ベランダの数や面積でベランダにとてもお金がかかることも知りました。
そのため、廊下を最小限にし書斎等をなくし、部屋の数を確保してその分ウォークインクローゼットを広くしました。
廊下を最小限にしたことで、延べ床面積が小さくなり価格も抑えることができました。
また、その価格をおさえることができた分で、オプションを追加しました。
コンロをガラストップコンロにし、キッチンの背面にカウンターをつけ、洗面台下の収納は引き出しにしました。また、クローゼットなどのドアの色は白で統一されていたのですが、すべてのドアの色を同じにすることもできました。
ドアの色の変更はオプションだと言われていたのですが、販売業者に問い合わせると、「そことはよく取引しているから何とか割り増しなしで頼んでみる」と言ってくださり、結果ただで変更してくださいました。
ぜひ、価格や機能面についてたくさん販売業者の方と話を重ねて、味方になってもらえるように頑張ってください。

中古住宅はパッと見た目で騙される?

「中古住宅の難しいところは?」と聞かれたのならば、やっぱり「見極めが難しい」と答えるでしょうね。中古住宅の良し悪しの見極めって、結構難しいものですから。売りに出されている中古住宅がリフォーム済みの物件でしたら、とくに難しくなるとも言えるでしょうね。だって、見た目がカモフラージュされているのですから。

確かに、パッと見た感じが新しくキレイな方が購買欲が起こるというものです。ですから、リフォーム技術も発展している現代ですと、手っ取り早く壁紙のみリフォームされていたりしますので、騙されてしまったりするのですよね。いや、騙すという表現は語弊があるかも知れませんが、しかし「勘違い」はしてしまいますので。

中古住宅は築年数30年を超えたら、慎重に精査しなくてはならないぐらいのことを言われていますけれど、しかしクロス全面張替えがされている物件は、誤魔化されてしまうのですよね。だって、パッと見た感じがキレイですから。

しかし古い住宅は配管などの見えないところにガタがきていたりしますので、リフォーム済み物件にも注意が必要だったりするのです。ですから、リフォーム箇所の確認は、実際に購入をする前に必ず確認をしておいた方がいいでしょうね。

新築にこだわる必要性

5年前、結婚を機に思い切って新築一戸建てを購入しました。

新婚のせいもあってか主人も私も、新しい家がいいと思い中古物件はまったく視野に入れていませんでした。建売の物件で、リビングも広く、部屋数も多いということもあり購入したのが今の家です。すべてが新しいので気持ちよく生活していましたが、新築なのでもちろんなにもりません。カーテンレールも電気もエアコンのホースを通す穴すらもありません。

始めの方は買い揃えていくことにわくわくしましたが、途中から早く快適に住みたいという気持ちに変わりました。お金も湯水のように流れていきます。インテリアにこだわるどころか、安いものを探すようにもなりました。家具や家電もそうですが、駐車場にカーポートを付けたので、それにもお金がかかりました。家の裏の外にも波板で屋根を付けたり、自転車置き場にも屋根がないので自作で屋根を作ったり、生活しているうちに足りないことに気付いて、付け足すといったところが非常に多いです。

その分中古物件は、人が住んでいたわけですから、そういった部分は充実していたかなと思います。

綺麗な中古一戸建てもたくさんありますし、新築にこだわらず探せば良かったです。充実された今よりも少しローンが安い中古物件なら、その分いい家具や家電を揃えられたかなと思います。

子育てをする環境ではないと思いました

ここはマンションの七階です。共同住宅なので騒音が結構気になるのです。でも私は憧れのマンション暮らしをしているのです。

でもこそもが生まれてからはとても気になっているのです。まわりの音が気になるのです。子育てをする環境ではないような気がするのです。もっと静かなところでの子育てをしたいと思ったのです。

実際私は田舎育ちです。近所がとても遠くて、空き地がいっぱいで遊ぶところもいっぱいありました。夫はマンション育ちなのです。都会での生活をしてきました。だからもやしっ子だったと言っています。

そうなってほしくありません。男の子だったらたくましくて、強い子になってほしいのです。だから決めました。引越しする事に決めたのです。私の実家の近くに家を建てる事にしました。

静かな田舎で子育てもいいなと思います。そして子育てしやすい環境だと思うのです。

どこで育てても同じではありません。やはり環境は大事なのです。環境で子供は変わるものなのです。